タカの爪でラッキー

1週間おきぐらいに、タカの爪を収穫・出荷してます。

これ、収穫後の写真。

そして、1週間後。

そして、次が2週間後の写真。

って、なんだこの再生力。

ちゃんと、花も付いてる。

このまま、成長してくれれば、2度目の収穫もありそうです。

タカの爪が切り戻し出来るとは知りませんでした。

それに、結構、よく売れるので助かります。お店の飾りとして、買って行ってくれる方もいるようです。

あと、タカの爪、家庭菜園でもおススメです。

そんなに、虫も寄ってこないし、パプリカやピーマンみたいな仕立ても、支柱も必要ありません。量も1株で4人家族分ぐらいは充分取れます。

潅水チューブの張り替え

潅水チューブの張り替え。

ちなみに、これ使用後の潅水チューブ。およそ、3ヶ月強、紫外線による経年劣化です。

半年ぐらい持ってくれると思っていたのですが、日中は温度も相当上がるので、仕方ありません。

もしかしたら、もう少し高いのを買えば持ちが良くなるのかな?

やっぱり、設置しているところと、そうでない所では相当に違いがあります。

例えばトマト。確実に割れの数が減ります。たぶん、常にある程度木が水を吸っている状態なので、どしゃ降りでも、割れにくいんだと思います。

設置も、雨避けシートを貼るより全然楽なので、おすすめですね。

他には、ナスの出来もいいです。

近所の農家さんから、「よー、出来とる」って褒められます。

放水のタイミングは、乾電池式のタイマーを使ってます。週間天気予報とにらめっこしながら、セットです。

雨、雨、雨でタカの爪まで

雨が続くと、畑の調子が今ひとつ。

畑仕事も、歩きづらいし、泥はねすしで、まともにしている事と言えば、ナスの収穫ぐらい。

そんな中、そろそろ「鷹の爪」が収穫期を迎えます。

ちなみに、雨が多いとこれも割れますね。

晴れの合間を見計らって、少しだけ収穫しておきました。

これで3株ほど、けっこうな量です。まだ、まだあるので、晴れの合間を見計らって収穫しときます。

ちなみに、2週間ほど前に畑で試食した時は、あまり辛くなかったので「なぜ?」って焦りましたが、今日は辛いもの好きの自分が1本食べきれないぐらい辛く仕上ってました。

ピーマンが大豊作

今年は、ピーマンが地域で大豊作。直売所でも余ってます。

だいたい、スーパーで売ってる量の3倍、個数でいうと20個ぐらい入って、100円ほどです。

自分は馬鹿らしいくなったので、1ヶ月以上放ったらかしです。

さすがに、大きくなり過ぎて、倒れているやつなどを片付けていると、直売所から・・・

「それ、欲しい!」

との事。???

「なんで?」

っと思って詳しく聞いてみると。

赤く完熟した実が欲しいらしく、フレンチのシェフなどが、探して買っていってるとの事。

物は試しでさっそく収穫。

真っ赤かです。

ここまで、完熟のピーマンはかなり貴重です。完熟する途中で、雨、風、虫の影響などで、腐ったり、割れたりするのが、ほとんどです。

あと、味も緑のピーマンより、ほんのり甘みがあったり、香りもちょっとフルーツぽい感じになります。

5袋ほど、出荷してみました。完売してくれるといいな・・・

秋作の豆づくし、4種類

秋作に向けて、定植(畑に植える事)です。

見栄え的には今ひとつですが、スイカの空中栽培の後、不耕起でつる系豆の4種類、定植です。

インゲンマメが2種類。高原秋島にケンタッキーワンダー。

あとは、三尺ササゲに、シカクマメの4種類。

シカクマメは、三尺ササゲは、かなり時期がずれてますが、なんとなく、この地域では気候的に出来そうな気がしたので、植えてみました。

高原秋島も、愛媛に旅行に行った際に買ったものです。ついでに、これは固定種なので、種とりもできます。

なんとなくの予感があたるかどうか?さてさて、どうなることやら。

ナスが、絶好調

不思議と台風被害の少なかったナス。

台風後の雨も吸って、どんどん大きくなります。

今年、一番の収穫量でした。

地域の直売所で、販売してます。

ミニトマトが、出荷できない

台風の被害はそれほどでもなかったのですが、今週、ミニトマトがほぼ出荷できてません。

だいたい、こんな感じで割れてます。

緑色の時から、割れて赤くなるとバキバキに割れます。

雨の水は、それほど怖くはないのですが、去年もこれにやられました。何か良い方法ないですかね。

四角いのが出荷用で、丸いのが破棄分です。ちなみに、丸い方はこれで2杯目。

奇跡のミニトマト状態。

来年に向けて何か対策を練らないと・・・

少しだけ、量の多いオレンジのミニトマト。

一部だけ、仕立てが出来ずに、放ったらかしになっていた部分です。

この部分だけ、出荷が少し多いです。

ここにヒント隠されてそうです。

次に向けて、思考を巡らせます。

秋作の種まき

秋作の種まき。

キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ロマネスコ、白菜、タケノコ白菜の系6品種。

変わり種としては、ロマネスコでしょうか。幾何学模様をした綺麗な形のブロッコリーです。

その他は、農協で教えてもらった、地域の推奨品種です。

秋作で、育苗から行う作物って今年初なんですよね。

去年は、大根、カブなど、直接畑に植える物を育ててました。

この暑さで、育苗できるかな?

地域の農家さんに聞いたところ、この辺では、盆明けに種をまくんや!っとの事。

まずは、言われた通りにやってみます。

それにしても暑過ぎる。水をあげても、暑さで、すぐに乾いてしまいます。

いつもは、新聞紙で覆う所ですが、それぐらいでは、日差しを和らげそうにないので、ブルーシートをかけておきました。

2、3日も経てば発芽するはずです。

台風後の畑

ニュースでは、デカイとアナウンスされていた、台風ですが、こちらの地域では、雨はそこそこ降ったものの、風はそれほどでもなかったみたい。

とはいえ、いつも予想外の所を壊されるので、恐る恐るで畑に行ってみると・・・

こちらはナスです。

写真の黒い塊が、全てナスです。よくも、まー、ここまで鈴なりにナスが出来たもんです。

台風前にも、収穫したので、台風の雨を吸って大きくなったようです。

多少なりとも、スレて傷がついているものが多いですが、枝も折られていないし、半数以上は出荷出来そうなのでセーフ。

こちらはミニトマト、見るからに大丈夫そうです。

こちらも雨を吸って、割れが多かったですが、半分ぐらいは出荷出来そうなので、セーフ。

栽培中の、里芋、生姜、ピーマン、ズッキーニなども大丈夫で、唯一だめだったのが、スイカぐらい。

この大きさの物が、風で揺さぶられるとそりゃーだめでしょうね。

なんとか、今回の台風は乗り越える事が出来たので、ホッとします。

台風前の仕事

今回来る台風はかなりデカそう。

できる限り、作物は助けたいので、台風前の対策として収穫です。

たぶん、この筋だけで30kgぐらいあります。

日中、畑仕事したいのですが、暑すぎて、体が動かないので、夕方5時からスタート。

日没にて、だんだんトマトの色が赤なのか、緑なのかわからなくなってきたので終了。

概ね、八割方完了かな?

あとは、台風に木が耐えれたら、また収穫できるのですが・・・

去年より、支柱の長さを60cmほど短くしてみたり、工夫はしたので、なんとかなるでしょう。

どうにかなったら、なったでその時考えます。