鷹の爪、完全復活!

1ヶ月ほど前に、収穫した鷹の爪。

1ヶ月後には、完全復活です。

もうちゃんと、青い実がなってます。ピーマン類は、回復力が弱いと思っていたのですが、驚くべき回復力です。

後は、完熟するまで放置で収穫、冬までに、なんとか間に合いそうです。

こちらも、珍品、インゲンマメ。

こちらは、高原秋島(こうげんあきしま)という、固定種。

これもまた、インゲンマメ。

湯がくと、この縞模様は消えてしまいます。

味は、普通のインゲンマメよりは歯ごたえがありますが、さやいんげんみたいな、筋もなく、豆の味も濃くて良い感じです。

若取りしないで、大きくなると、豆にもこの縞模様が出るそうで、これも大豆みたいに食べれるそう。

そのうち、食べてみます。

珍品、これでもインゲンマメ

これでも、インゲンマメなんです。

長っ!

やっぱ、長っ!

気になったので、長さを測ってみると。

曲がっているので、分かりにくいですが、60cmは超えてます。

調子が良ければ、1mは超えてきそう。

試しに、直売所で売ってますが、残念な事に、全然、売れません。

インゲンマメと書いてますが、一般的な形じゃないからでしょうね。

味は、よくあるインゲンマメより柔らかく、噛んだ時もキュッキュッとした感覚もないので、おすすめなのですが・・・

出始めなので、ぼちぼち出していきます。たぶん、知ってる人なら買ってくれるはず。

ジミーな仕事から、ほうれん草の定植

今日は、ほうれん草の定植です。適期を逃すと、苗がダメになってしまうので、最低でも800株がノルマ。

去年は不慣れなのもあって、1日に400株ほどでした。

レーキで畝(うね)を最終調整。

台風後の雨で、いい感じに土が締まってます。そして、草抑えの為のマルチ。

ここまでで、約3時間。午前中は終了。

ちぢみほうれん草は、大型のほうれん草なので、マルチの穴1個飛ばしのチドリ、4条植えです。

午後4時半、800株定植完了。ノルマ達成です。

始めの200株は、1時間半ぐらい掛かったものの、後半はコツを思い出し、200株、1時間弱ぐらいのペース。

人間慣れるって、凄いです。前年対比、200%達成。来週ぐらいには、追加の400株を定植予定。

上手く栽培できると、約200kgのちぢみほうれん草となります。

ジミーな仕事

トラクターを掛けてからの、畝の調整。

トラクターでたてた畝を、鍬(くわ)を使って調整するだけなのですが、なかなかに体力を奪われます。

これが、アフターの写真。

畝の天板部分が、60cmぐらいから100cmぐらいまで広がってるはずなのですが、写真では全く伝わらないような。

この畝に、翌週ぐらいには、最低でも1000株はほうれん草の定食です。

1日で、やり切らないと。

不慣れな事もあって、去年は奥様も手伝って、2日かけてたったの1500株ぐらいだったでしょうか?

自分の進化が問われる1日になりそうです。

ごっちゃごちゃの中からかぼちゃ

そろそろ、かぼちゃ収穫の時期。

およそ、1ヶ月前からの写真。この頃から、樹勢(じゅせい)などを見ながら収穫期を見極めつつ、今日収穫。

まー、より一層、雑草も含めてワッサーってなってます。

収穫時期に雨が降ると、取りたくても取れないので、晴れてくれるだけでもホッとします。

去年は、大きさにこだわって栽培し、大き過ぎて売れなかったので、平均果2kgを目指しての栽培。

まー、狙った大きさです。

家に帰って、収穫個数など、去年と比べると、去年80個に比べ65個。

大きさ含めて、去年の勝ちです。

ほぼ全ての作物で、去年を上回っていただけに、ちょっとショックです。

台風後のミニトマト

去年は、8月末の台風で、こんな感じにぺちゃんこにされました。

今年こそは、という思いで育てていますが、9月はたったの20袋(4kg)ほど。

支柱こそ破壊されていないものの、やっぱり、8月の猛暑の影響で、9月に収穫するのは難しいです。

もしかしたら、また収穫できるかもという期待のみで、ボーボーになりながらも、管理していますが、1ヶ月はまともに収穫出来てません。

ただし、ここに来て少し光が見えてきました。

青い実がなってます。

9月なって、涼しくなってから、実を付けた分です。

温度と光の状況にもよりますが、1週間ぐらいで、出荷出来そう。

一部、赤くなっていたので試食のため、収穫です。

試しに食べてみると、けっこう味が乗ってて美味いです。

たぶん、植物も終盤なので、必死に養分を送っている影響かと。

荒れた天候ばかりは、どうしようもないので、どうか無事、収穫出来ますように・・・

あとは祈るばかりです。

タカの爪でラッキー

1週間おきぐらいに、タカの爪を収穫・出荷してます。

これ、収穫後の写真。

そして、1週間後。

そして、次が2週間後の写真。

って、なんだこの再生力。

ちゃんと、花も付いてる。

このまま、成長してくれれば、2度目の収穫もありそうです。

タカの爪が切り戻し出来るとは知りませんでした。

それに、結構、よく売れるので助かります。お店の飾りとして、買って行ってくれる方もいるようです。

あと、タカの爪、家庭菜園でもおススメです。

そんなに、虫も寄ってこないし、パプリカやピーマンみたいな仕立ても、支柱も必要ありません。量も1株で4人家族分ぐらいは充分取れます。

潅水チューブの張り替え

潅水チューブの張り替え。

ちなみに、これ使用後の潅水チューブ。およそ、3ヶ月強、紫外線による経年劣化です。

半年ぐらい持ってくれると思っていたのですが、日中は温度も相当上がるので、仕方ありません。

もしかしたら、もう少し高いのを買えば持ちが良くなるのかな?

やっぱり、設置しているところと、そうでない所では相当に違いがあります。

例えばトマト。確実に割れの数が減ります。たぶん、常にある程度木が水を吸っている状態なので、どしゃ降りでも、割れにくいんだと思います。

設置も、雨避けシートを貼るより全然楽なので、おすすめですね。

他には、ナスの出来もいいです。

近所の農家さんから、「よー、出来とる」って褒められます。

放水のタイミングは、乾電池式のタイマーを使ってます。週間天気予報とにらめっこしながら、セットです。

雨、雨、雨でタカの爪まで

雨が続くと、畑の調子が今ひとつ。

畑仕事も、歩きづらいし、泥はねすしで、まともにしている事と言えば、ナスの収穫ぐらい。

そんな中、そろそろ「鷹の爪」が収穫期を迎えます。

ちなみに、雨が多いとこれも割れますね。

晴れの合間を見計らって、少しだけ収穫しておきました。

これで3株ほど、けっこうな量です。まだ、まだあるので、晴れの合間を見計らって収穫しときます。

ちなみに、2週間ほど前に畑で試食した時は、あまり辛くなかったので「なぜ?」って焦りましたが、今日は辛いもの好きの自分が1本食べきれないぐらい辛く仕上ってました。