JAの直売所にて、ビックリ!

前回のカリフラワーとブロッコリーの量が多過ぎて、直売所では捌ききれないだろうっと、師匠の計らいで、JAの直売所に持って行くことになりました。

で、なんじゃこりゃ!

700g以上のカリフラワーが、210円です。キロあたり、300円。これは、噂に聞くおじいちゃん農家ダンピングなのか・・・

家に帰ってからは、早速嫁さんに、「農協市場館 農野花」で野菜を買うように!っと指示を出します。消費者としては、現金なもんです。

ほぼ、ワンコーナー、自分の商品で埋まりました。

収穫の最盛期!!

思ってた以上の収穫。

自分でも、なんじゃこりゃ?です。

いっきにできるとは聞いていたものの、想像以上。袋詰めしながら、考えますが、どうしたものか?明日、師匠の方にも相談してみます。

お誕生日、おめでとう。って何しとるんだろう・・・

お誕生日おめでとう!を、FBでいっぱい頂きました。なので、自分の好きな事をします。

カリフラワー、ブロッコリーの収穫です。仕事帰りにふらっと、畑に寄って、収穫してきました。

今のところは、意外にも、カリフラワーの成長が良いです。草勢(そうせい:株の勢いのこと)を見ていると、ブロッコリーの方が良いかと思っていたのですが、カリフラワーの方が良く実っています。

スーパーで、確認して値付けします。改めて見ると、さすがにスーパーに卸している農家さんは立派な商品を作っています。これらを勘案しながら、値付けしました。

これら全部で、2000円弱になるはずです。全部売れれば良いのですが、どうなるでしょうか?

まだまだ、収穫が増えそうなので忙しくなりそうです。収穫したものは、全部、大沢ファーマーズマーケットにて販売します。、
思ってた以上の大収穫!!

今日の出荷

そろそろと思っていた、カリフラワー、ブロッコリーの初出荷です。

カリフラワー2個、ブロッコリー2個、ついでにほうれん草8束を出荷したのですが、写真を撮りに戻って来た時には、既にいくつかは売れてました。

自信がある商品を出すと、売れ行きも違います。やはり、自信がない商品は出すべきではないですね。

フルーピー(小型のパプリカ)に支柱の設置

以前から検討を続けていた、支柱の本番設置です。まずは畝(うね)の両端に杭を打っていきます。

直管パイプを地面に打ち込み、筋交いを入れて、針金で固定します。パイプ同士の接合には、T字金具を使いました。

ここまでで、既にお昼。初めてやることは、戸惑いもあるので、なかなか時間がかかります。

この後、打った杭から針金を通していき、両端を引っ張ります。針金は、カラー針金の線型3.2mmを使っているので、40mともなるとそれなりに重量があり、力がいります。

後は2m間隔に、直管パイプを立てて針金と直管パイプは、T字金具で固定していきます。

当初は、2畝(うね)、80mを設置する予定でしたが、結局は、1畝、40mの設置となりました。

次の機会に、残り半分の支柱を設置します。ビールが美味しい1日となりました。

バックシーラーの購入!!

バックシーラーを購入しました。

って、バックシーラーって何?ですよね。野菜を袋詰した時に、袋を止めるアレです。そろそろ、カリフラワー、ブロッコリーの収穫が始まると思い購入しました。

っと思っていたら、次の日、早速使うことに。

カリフラワー1つだけです。重さを測ってみると、300gなのでスーパーに標準的に売っている物よりは少し小ぶりですが、売りに出しても、恥ずかしくないレベルかと思います。

初めての収穫なので、家に持って帰って、味見します。

真夜中の収穫!!

真夜中の収穫っていっても、午後7時過ぎから収穫開始です。仕事終わりに畑に立ち寄って、こまつなを収穫してみました。

収穫自体は、それほど不便なこともなくそれなりに終了しました。

ただし、後からわかったことですが、選別を行ったつもりでしたが、できてません。非常に甘い選別となり、売れませんでした。

10束出荷して、売れ残りが8束、その後、半額の50円に値引きしたのですが、全然売れず、自分の商品だけが売れなのが恥ずかしくて、商品を持ち帰りました。

やはり、自信を持って出せる商品を作って行かないといけないですね。上手くいったり、いかなかったり、試行錯誤が面白いです。農業技術を磨いていきます。

スイミープロジェクトに参加

今日はスイミープロジェクトに参加しました。そこで、マルシェを出店します。とはいえ、自分の畑では、収穫物が全然足らないので、株式会社ドクターオブジアースさんと岸田の畑の岸田さんに、代わりに出店して頂きました。

ちなみに、ドクターオブジアースさんは、ITを活用して、飲食店などに産直野菜を提供していおります。また、こだわりの野菜を扱っており、自分も食べてみましたが、非常に美味いです。

岸田の畑の岸田さんは、超若手の有機農家さんで、小松菜など、虫にほとんど食べられてない野菜を作る農家さんです。自分も栽培しているので、栽培技術の高さが良くわかります。

なかなか、搬入口がわからなかったのですが、なんとか見つけ入りました。

なんかこの景色に圧倒されます。そして、出店準備を手伝います。となりの店舗とも協力し合い、バタバタとしながらも、設営が終わりました。

順調だったのもここまで、全く売れません。汗。理由は、人が通りません。

途中、となりのグランピングにも交渉し、販売場所を移動したのですが、こちらでも、売れません。

お客様は通るのですが、食材が既に用意されているからなのか、ほとんど買ってくれません。試食にも、足を運んでもらえません。

用意していただいたお野菜は、かなり美味しかっただけにかなり残念な結果です。

こちらのミニトマト、ポンカンなどは衝撃的なおいしさでした。

自分も、ポンカン、ミニトマト、パイナップル、コマツナ、スナップエンドウなど、購入して家族に持って帰りました。

こんな風になるんですね。厳しい現実でした。これに負けることなく、次もチャレンジしていきます。

ブロッコリーがそろそろ

ブロッコリーが順調に大きくなっています。

ただし、これロマネスコに見えます。普通のブロッコリー(品種:ハイツSP)のはずなのですが、なぜでしょうか?そもそも、ロマネスコの種も苗も買ってないので、生えるはずがないのですが・・・

友達の農家さんにも見てもらいましたが、やはり「ロマネスコ?」っとの事です。

その内、丸くなってくるのでしょうか?なんか、不思議な感じです。

また、こちらも適当に報告します。