スイカもあと少し

スイカを袋がけしてから、目立つのかよく声をかけられます。

「あの、赤いの何?」

「アライグマ、来る?」

「カラスは、突きに来る?」

など、どうやらこの辺りでは、スイカの天敵は、アライグマとカラスのようです。収穫期になった、食べごろをちょうど持っていくようです。

今年、試験的に始めた栽培方法なので、どうですかね?

今のところは、支柱の強度も含めて、問題無さそうな気がしてますが・・・

これで、獣害対策もできれば言うこと無しです。

今月末まで、無事でありますように!

トマトの房が、なんか変

トマトの房が、なんか変な感じです。

初めは、おお、沢山出来そうって、喜んでたのですが、いくらなんでも長すぎです。

気になったので、測ってみました。

120cmほどあります。これ一本が、異常に長いのではなくて、概ねこんな感じです。もっと長いやつは、150cmはありそう。

そういえば、樹勢(木の勢い)も、なんだかしんどそうな感じ。今年はダラダラと長期で収穫できる事を目標にしてるので、これじゃ、夏を乗り越えれそうにありません。

摘花、摘粒(実や花を取ること)を行なって、樹勢の回復です。

もう少し、取ってあげた方が良さそうな感じですが、一旦完了。

10Lのバケツで、20杯ぐらいは、未熟果含め、廃棄です。

ミニトマトは、味の違いがはっきりわかる作物なだけに、美味しく出来て欲しいですね。

とうとう、4kgオーバー、化け物かぼちゃ

4kgオーバーのかぼちゃを目指して、栽培してましたが、遂に達成です。

去年より、1kg以上大きいです。これで、美味しければ言うこと無しなのですが、どうでしょうか?

収穫後、追熟のため放置してから味見してみます。

ちなみに、試し採りなので、まだまだ化け物が眠っている可能性大です。

さすがに、4kgを超えると迫力が違います。

奥様に喜んで見せると、

「えっ、なにそれ売れるの?」

との事、

「うーん、たぶん売れませんね。(*´ω`*)」

去年も、でかいやつは、割烹料理屋さんと、パン屋さんがお買い上げです。

この量、一般家庭では消費しきれませんからね。

まー、切らなければ、2ヶ月は余裕で保つので、おいおい考えていきます。

雨上がりに畑に入ると

ここ最近、雨が多くなかなか、畑に入ることが出来なかったのですが、入ってみると、えげつないサイズのズッキーニがぶら下がってます。

木が折られるかもと思い、焦って収穫。

これ、写真撮っておけば良かったと後悔。

収穫後、捨ててしまおうかと思ったのですが!形も綺麗かったので、直売所に出荷。

写真右上3本がそれです。

大きくなると、皮が硬くなり、不味くなるなどと言われてますが、そうでもないんですよね。タネもそこまで気になりません。

個人的には、お得な感じかと思ってます。

結果は・・・

全部、売れちゃぃました。こんなズッキーニ、出すのは自分だけなのか、直売所の店員さんも、店の閉店ぎわに、

「全部、ズッキーニ売れてるよー」

と、わざわざ畑に向かって叫んでくれました。よっぽど、珍しかったんでしょうね。

やばいサイズのかぼちゃ

去年は、かぼちゃで4kgを超えようと頑張ったのですが、今年は4kgは軽く超えそうです。

通常、スーパーなどで売ってるかぼちゃは2kgぐらいです。4kgだと、大玉スイカ並。

そのせいか、樹の勢いが強すぎて、直ぐにジャングルになってしまうのですが・・・

ちなみに、味は、どうなんでしょう?去年のかぼちゃは、焼くだけで、作ったスイートポテトの味でした。

1ヶ月以内には、収穫かな?今年の味も楽しみです。

トマトの暴走

購入した種でも、100株に1株ぐらいの確率で、ちょっと性質の変わった物が生えてきます。

一見、普通に見えるかもですが、次が通常の株です。

明らかに、葉っぱと花の比率が違います。

一体、この先この子はどうなるでしょうか?

少し面白そうなので、このままの状態で今後を観察してみます。

ヤル気のない子をヤル気にさせる?

息子からのお願いでスイカを育ててます。

この前、本人に聞いたら、当然のごとく、

「そんな事、言ったけ?」っと

忘れてましたが・・・

スイカは息子の大好物なので、美味しいのができたら、喜ぶでしょう。

品種は何にしよう、どんな仕立てにしようと思案していたところ、スイカの空中栽培というのを発見、面白そうだったので挑戦してます。

ツルが伸びてきたので、本ヅルを摘芯して、子ヅルの二本仕立てです。

なんとか、テープで上にあげましたが、びっくりするぐらい、登る気がゼロ。

近くで見ると、余計にそれを強く感じます。

スイカは、地べたを這う方が好きなようです。まー、そうでしょうよ。

およそ、100株。合計200本のツルを10cm〜20cm間隔で、テープで留めてあげるのは、たぶん、手が追いつきません。

どうしたものか、ヤル気になってもらうしかないのですが、強めに引っ張ると柔らかい新芽が折れます。

この子達を信じて、見守るしかなさそうです。

トマトの木からリンゴ?

トマトも前年から、品種を変えてます。

順調に育っているのですが、なんだかリンゴっぽい。

全体的にこんな感じなんです。

ハート型の品種なので、これで良いはず。もう暫くで、収穫になるので、味見して確認ですね。

美味しければ、正解でしょう。

ブロッコリーの大失敗

ブロッコリーの栽培を見事に失敗です。

もう、すっごい、わっさりしてます。中には、見事に花まで咲いてしまって・・・

今年は、取れた量が2kgぐらい。

去年は、同じ面積で、およそ20kgの収穫。大失敗です。

失敗の原因は、これ。

側枝(そくし:脇から出た芽)です。いっぱい、出してしまったので、ブロッコリーが大きくなってくれません。

去年は、師匠からの、おすすめ品種を植えたのもあって、こんな側枝を取らなくても、立派に育ちました。

同じブロッコリーでも、品種が変わると、ここまで変わるんですね。

収穫せずの伐採です。

草刈機で、上部を刈り取ってから片付です。

ここから、回復の方法を教えて貰ったけど、どうしたものか・・・

トマト、ピーマン、ナス、スイカなどなど、手のかかるものが沢山。これらの管理と、上手く両立できるか検討です。