八ヶ岳の森へ

柳生博さんの作った森があるというので、八ヶ岳に行って来ます。

1976年から、俳優の傍で、藪を切り開き、八ヶ岳に自生している広葉樹を植林して、美しい森を作ったという本を読んで、実際に見てみたく、行って来ました。

まずは、車で長野へ。そして小さなペンションに泊まります。

なんとなく良さそうと思って、取った宿、草原屋ですが、めちゃくちゃ良い所。

このペンション、オーナーが森を切り開き、大工さんと半セルフビルドで、建てた物だそうです。

そして前には、広大な草原が広がってます。

次の日、朝から川で遊びます。

水が冷たすぎて、さすがの子供たちも全身浸かるのは無理との事。

さすが、標高1200mです。あと、この標高になると、ゴキブリもいないそうな。ちょっと不思議です。

ランチは草原屋のご主人に教えてもらった、カナディアンファームさんへ。

このカナディアンファームさん、先程の草原屋さんの師匠にあたる人だそうで、森を切り開き、セルフビルドで、家を建て。レストランをオープンしたそうです。

いい感じにカオスです。個性的すぎて、圧倒されます。中央部分には大きな石窯があり、そこで調理した料理があります。

子供たちは、ゲゲゲの鬼太郎の家。っと言いながら入っていきました。

でも、レストランです。

石窯で焼いたチキンや、10年間熟成させた生ハム、ケベックシチューなど。美味しく頂きました。

で、最後は八ヶ岳倶楽部。柳生さんの森です。

白樺が綺麗な森です。森を一巡して、看板メニューのフルーツティーを頂きます。

で、くつろいでいた所、なんかそれっぽい人がいます。

柳生博さん、本人です。写真をお願いし、快く家族一緒に写して頂き帰路につきました。

八ヶ岳倶楽部の最終目的しか決めていない旅行でしたが、何かとてんこ盛りの旅になりました。

今日はお勉強のため、おおさかNo-1(農ワン)グランプリを見にいきます

「おおさかNo-1グランプリ」とは、若手農家の経営強化とプレゼンテーション力向上を目標とした、グランプリです。優勝者には、実現資金として200万円が授与されます。

1次選考などがあり、自分が参加したのは、グランプリファイナルです。農業にもプレゼン能力が問われる時代なんですね。

確かに、自分も農家さんに苗のこと、土づくりなどを教えて頂いてますが、こんな事をしてたのかなど、新しい発見があります。それらをこのブログでも紹介していければと思います。

さて、グランプリについてですが、ファイナリスト8名、それぞれプレゼン時間は10分です。アイガモ農法のこと、新規就農への支援など、皆さんものすごく上手なプレゼンです。

ただし、若干言葉が詰まる所など、その場でしか味わえない緊張感がこちらにも伝わってきます。8名×10分、緊張感の連続でした。

最後に、選ばれたのは独歩ファームの大島さんです。たまたま、一度、圃場見学に伺ったことがある農家さんです。少しでも、知っている農家さんが受賞されたので、すごくうれしかったです。棚田を開墾して、有機農業で営まれてます。

後日、おめでとうございますのメッセージを送ったところ、

「また遊びに来てくださいとの事でした。」

ぜひぜひ、遊びに行かせて頂きます。その折には、またこちらにて報告します。

農地までの相棒をゲット!

家から農地まで、10kmちょっとあります。車で行けば、すぐの距離なのですが、家には1台しか車がありません。

どうしたものか?

自転車で行ける距離かな?

なので、いちど試してみました。ちょうど実家から、農地までが半分の6kmなので、実家のママチャリで爆走。片道一時間。疲労感もハンパない感じです。行けたとしても、この後に農業をすることを考えると、自転車で行くのは諦めた方がよさそうです。

でどうしよう?妻が車を使わない時を見計らっていく?

いや、気楽にいけないのは、不便です。

考え抜いた挙句に思いついたのは、原チャです。高校生以来の原チャ、デビュー。なんとなく、農家さんぽい気がしたので、車種はリトルカブを選びました。

カブ

ネットで色々と検索して、比較的近くのバイク屋さんで購入。農地までの相棒として、これからよろしくお願いします。