こちらも、珍品、インゲンマメ。

こちらは、高原秋島(こうげんあきしま)という、固定種。

これもまた、インゲンマメ。

湯がくと、この縞模様は消えてしまいます。

味は、普通のインゲンマメよりは歯ごたえがありますが、さやいんげんみたいな、筋もなく、豆の味も濃くて良い感じです。

若取りしないで、大きくなると、豆にもこの縞模様が出るそうで、これも大豆みたいに食べれるそう。

そのうち、食べてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です