さすがの温床(おんしょう)です!!

何気なく、新聞紙をめくって苗の確認をしてみました。

あれ、発芽してる。師匠からは当たり前のことのようですが、おおよそ2日で発芽してました。

もう少し近づくと、こんな感じです。

以前にも、何度か種まきをしたことはありますが、発芽までの日を数えたこともないので、覚えていませんが、こんなに早く発芽するのは、初めての事のように思います。

このようになると、加温している床になにかを挟んで、少しだけ温度を引くするように言われました。そのようにしました。そして、少しずつ温度を下げて行くことによって、丈夫な苗、害虫などの病気に強い苗を育てることができるそうです。

ちなみに、フルーピー(小型のパプリカ)は発芽してませんでした。師匠曰く、アブラナ科の作物は発芽が早いのだそうです。キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーは、アブラナ科です。

たぶん、何科によって、作物の特長をとらえているのでしょうか?詳しく説明はなかったのですが、そのように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です