トンネル栽培の新発見

こちらが、トンネル栽培です。

ちなみに中には、通常のレタスとリーフレタスが植わってます。

不織布を被してます。

被せた理由は、この辺は風の強い地域で、植物がそれに耐えようと頑張ります。

例えば、小松菜、ほうれん草などの葉物は頑張った結果、硬いマチョな野菜になってしまいます。

レタスとしては、赤ちゃんみたいなふわふわでキメの細かいのが好みなので、防風対策としてトンネル栽培です。

ただし、このトンネル栽培。何か普通ではありません。

どこでしょうか?

・・・

押さえがありません。

この写真からは、ふわっと掛けてる様にしか見えないかと思います。

どの様に押さえてるか・・・

直管パイプを不織布の端っこに、パッカーで留めてます。5.5mの直管を片側だけで3本、プラス1.4mの直管を1本。

これを両サイドにぶら下げてます。

まー、簡単には飛ばないでしょう。

追肥、収穫などの開け閉め、強い風で裂けるなどの影響度合い、今後の観察です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です