プラグトレーからの、ポット上げ!!

まずは、プラグトレーとはこんな感じの黒いやつです。ホームセンターで買いました。

ポット上げのポットとは、ポリポットの事です。こんなやつです。これもホームセンターで売ってます。ちなみに、自分の場合は師匠のお古を使わせて頂いてます。使い終わったらもちろん返しますよ。

まず、プラグトレーで育てた苗を、本葉が2~3枚ぐらいになったら、引っこ抜きます。種まきが2月9日なので、アブラナ科(キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー)で、おおよそ1か月です。

やってみるとわかるのですが、これぐらい経過しないとこのように綺麗にプラグトレーから抜けません。あと、種類によっても、ポット上げのタイミングが違うようです。試しに同じ日に蒔いた、ナス科のフルーピー(小型のパプリカ)を少し引っ張ってみたのですが、綺麗に抜けませんでした。こちらは、もう一週間ぐらい様子を見てみます。

ポリポットに市販の土(野菜の土)を、250㏄ほど入れて、水をたっぷりかけて湿らせます。水をかけてからは、しばらく時間をおいた方がやり易いです。

そこに、先ほどの苗を指で優しく入れていきます。こんな感じになります。

自分の畑に、必要な苗はキャベツ、カリフラワー、ブロッコリーが、それぞれ100株です。失敗や、発育不良を見越して20%増しの120株を、それぞれ用意しました。

よくホームセンターで、見かける形になりました。

まだまだ、弱々しい苗です。大切に育てていきたいと思います。

ちなみに、プラグトレーには種を200粒蒔きました。この中で、20~30粒ぐらいは、そもそも発芽していません。種の袋には、発芽率85%と表記されてます。おおよそ、この通りか少し高いぐらいです。

そして、10~20株ぐらいは発芽はしたものの、発育不良です。たぶん、自分の水のやり方にも問題があります。一部は萎れていました。

っで、残りのおおよそ30株はどうしたか?

畑に、捨てました。今まで、育ててただけに、複雑な気持ちです。キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの各3品種で30株ずつ、合計で100株の破棄です。

師匠からは苗として売る方法もあるよ。と教えて頂います。2回目に蒔いた苗については、試しに直売所で販売してみます。あと、リアルな数字(原価)も記載しておきます。

ポリポット 5円

種 3.7円

土 250ccあたり 4.7円

上記、おおよその1株あたりの原価です。合計で13.4円になりました。100株の苗を直売所に出してみて、どれぐらい購入されるのでしょうか?

農業で食べていくとなると、このようなシビアな数字も必要となります。今はまだ、経営シュミレーションとしてですが、こちらの結果も、出次第ブログにて報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です