畝立て、そして、ついに登場!!

畝立て本番がやってきました。なんとなく、ドキドキ。でも、パートさんが今日は急遽休んでしまったらしく、師匠の直売所(大沢ファーマーズマーケット)は10人ほどの列ができてます。

師匠からは、消石灰できれいにラインを引いておいてとの事、消石灰は園芸用の物を、購入済みです。

非常に慌ただしくしており、今日の畝立てはまた今度か・・・。準備だけでも、やっとこ。とう感じで、自分の畑に入ります。

こちら、畝のラインを引くための装備。

畑の両サイドに、竹の棒を1.4m間隔で刺していき、その両サイドを紐で括っていきます。そうすると、畑の中に直線がでます。目ではわからないのですが、自分の畑は少し台形の形をしていました。

この、紐を渡した所に、2mおきに消石灰を置いていきす。たぶん、こんな感じで良いはず・・・

「ガラガラ、ごっ、ごっ、ごっ。」

なんか、大きな音が後ろから。振り返ると、師匠がトラクターに乗って登場。え、どこから来たの。基本、農家さん神出鬼没です。

師匠からは、「紐をのけて!」っとの事。急ぎ、片付けます。紐が絡まらないように、グルグルしたり、竹を引き抜いたり。

全部、片付けた時には、もうすでに8本の畝立てが完了。

2時間ほどだったと思うのですが、なんか、あっという間の出来事でした。内心、バックホー、オートキャリーの運転をさせてもらった経緯があったので、トラクターの運転もさせてもらえるかも、っという期待があったのですが、そんな簡単には、触らせてもらえませんね。

師匠はトラクターからは降りて、笑顔で一言。

「綺麗にすると、ひろー見えるやろ。」とのこと。

いやホント、ひろー見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です