種の購入でこんなに?

先日、作った栽培計画を師匠と共に修正しながら、急ぎ必要な種の購入を行いました。

種類は、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、フルーピーの4種類です。まず、フルーピーって何か知ってますか?自分は、今回初めてしりました。大きさは、ピーマンとパプリカの中間ぐらいのサイズで、色はパプリカ同様、色々とあります。

初めは、パプリカの栽培をするつもりだったのですが、大きなパプリカ、たぶん普通にスーパーに売っているぐらいのサイズを作るのは、難しいらしく。師匠から、自分にはたぶん無理だろうという判断です。

潔く、諦めました。師匠の配慮で、よく似た品種のフルーピーに変更です。

また、このフルーピーもパプリカもアライグマが食べに来るそうです。ただし、ピーマンは食べにきません。

なぜでしょうか?

理由を聞いてみました。 パプリカなどは、ピーマンよりも糖度が高く甘いので、アライグマが食べに来るそうなんです。

自分が、そんな甘いフルーピー作れるのかな?やってみるしかありませんね。

で、購入しました。

写真で、取るとこんな感じですが、これだけで、購入金額が、1万5千円です。

自分の畑の場合、40mの畝(うね)が、8本あります。そこに、株間(かぶま)40cmで2条蒔き植えるとすると、200株の苗が必要です。

ただ、この苗にする工程で、種の発芽率や、自分の失敗を考慮して、おおよそ倍の数を用意しておきなさいとの事でした。

計算式にするとこんな感じです。

〇発芽率85%の場合

400×85%=340

〇自分の失敗率や発芽しても発育不良などを考慮して

340×70%=238

加えて、フルーピーの種が30粒で600円ほどします。家庭菜園では、それほど気になりませんでしたが、40mの畝、3本に2条蒔きで植えるとすると、株間70cmで、420株ほど必要になります。

今思えば、単純に計算できるような事ですが、種って高いですね。こんな風に思ったのは、初めての感覚です。やはり、やってみないと分からないものです。

これからも、どんどん新鮮な感覚があるのかと思います。それら、こちらにて綴っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です