近くの農家さんを見学・・・

自分の畑もそこそこに、近くの農家さんを訪問して何を栽培されているか見学してきました。もとは、師匠から紹介していただいた農家さんです。

レタスです。触ってみてわかりますが、かなりおいしそうなレタスです。無農薬ですが、虫に食べられた跡は見当たりません。

かなり高齢の農家さんなのですが、

「農薬は難しくて、わからん。」

との事です。有機栽培の本などに出てきますが、土のバランスをとると、本来植物が持っている、抵抗力が強まり、病気や食害(虫による)などに強くなるそうです。それを目の前で見せられると、やっぱり関心させられます。

こちらはコマツナです。

うすい緑です。本来の野菜は、うすい緑なのが健康な野菜なのだそうです。こちらも、虫に食べられた跡など、見当たりません。

土作りなど、いろいろと質問しました。基本、牛ふん堆肥を使っているそうです。それから、畝(うね)の上に5cm~10cmほど、もみ殻を敷いて燃やすのだそうです。そうすることによって、雑草のタネが熱で、ダメになり、雑草の抑制効果と土のミネラル分の補給になるそです。

ただし、この方法、自分の畑で実践することができません。理由は、すぐとなりに道路があります。もみ殻を燃やして、煙を発生させることができないんです。少し、残念です。

その他にも、このほか、自然薯、キュウイ、ゴボウ、フキなど、いろいろと育てています。フキは、この付近に、自生していたものを、育てているそうです。完全に自生種ですね、各地域にこのような宝物があります。次の世代に受け継ぐべく、フキの苗を頂く約束をしてきました。

名もなきフキ、栽培するのが、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です