施肥量の計算と施肥(せひ)、種まき、ポット上げなどバタバタな1日

朝から師匠に、そろそろ肥料を撒いてとの事、ただし、作物によって肥料の量が違うので、まずは分量計算をして、どれぐらいの量か、師匠に確認してから撒くようにとの事。

事務所に入って、本を片手に電卓を叩きます。例えば、キャベツの場合には、元肥(8-8-8)にて、100~150g/㎡と書かれています。

肥料の基本知識をお勉強

前回のお勉強が、早速役に立ちました。肥料(10-10-10)の場合には、120g/㎡となり、チッソが12g/㎡となります。それから、畝(うね)の長さが40メートル、幅1.4mなので、これらから、計算すると、1本の畝におよそ6.7kgの施肥量。3本の畝で、ちょうど20kgぐらいとなり、1袋分となります。

これら計算結果を師匠に見せて、「はい、大丈夫。」との事。

キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの3畝に全面施肥。施肥自体はバケツに肥料を入れて、バラバラと撒くだけ、それほど手間でもなかったのです。

この次に、コマツナ(品種:らくてん、まひな)、ほうれん草(オーライ、晩抽サマースカイ)の2品目、4品種を蒔いてみました。それぞれ、2品種ごとに蒔いた理由は、品種ごとの違いを見てみたいためです。

ちなみに、晩抽(ばんちゅう)サマースカイのこの晩抽という言葉、どのような意味なのでしょうか?こんな言葉は知らないので調べてみました。晩抽とは

抽苔(ちゅうだい)の遅い性質のこと」

またまた、抽苔とは何?それも知らない、で検索です。

「花茎(かけい:花をつけた茎)が伸びだすことを抽苔(ちゅうだい)と言います。」

ここで、やっと納得。要は「とう立ちし難い品種」との事です。このサマースカイを使って、真夏でもほうれん草を作れるかの実験をしてみようと思っていたので、ちょうど良い感じです。

これらを、4品種を1.5mごとに蒔き終わり、上から不織布(ふしょくふ)、透過性の薄い布みたいなやつをかけて、飛ばないように土を被せておきましす。

で、種まき終了。

この次は、フルーピー(小型のパプリカ)をポットに上げていきます。ポット上げは、前回やって手順がわかるので、少しは効率よく進めることができそうです。

まずは、ポリポットに土を入れていきます。1つのポットに250ccの培養土を入れていき、必要数480株、120Lです。かなりの数です。ポットに入れ終わりました。約2時間かりました。夕方の16時ぐらい、ここから先は日没、太陽さまとのデットヒートです。

次に苗をポットに移していきます。

ここで、やっと今日1日写真を撮っていないことに気づきパシャリ。忙しいとどうしても、視野が狭くなってしまいます。そんな自分に反省しながらも、手を止める事はできません。1日の計画の失敗ですね。

1つのプラケースに40個のポリポット、どれぐらいかかるか計測してみました。おおよそ10分。

その後も、プラケース毎に計測しましたが、最速は7分。苗の状況、ポットの湿り具合などの状況により、やっぱり平均9~10分ぐらい、16時からスタートしているので、終了予定は18時の日没ギリギリ。

やっと、終わった時間は、18時30分で、完全に日が暮れて前が見えない状況。優しい師匠も、仕事終了まで、別のハウスで待ってくれていました。大変恐縮です。

一応、仕事が終わって缶コーヒーを飲みながら、ほっと一息。やっぱり、苗を手荒く扱っていたり、潅水(かんすい)水やりを雑にしていたりしました。

ITもそうですが、もう少し、計画的に、丁寧に仕事をこなす方が良いですね。納得のいく、商品ができます。失敗しても原因がわかりやすいです。

技術職としてITと農業、根源的に似ている所があります。もっと、農業を勉強して行きたい、と思う1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です