肥料の基本知識をお勉強

ホームセンターなどで見かける肥料。こちらに、良く8ー8ー8など数字が書いてますよね。

っで、NーPーKとも書いてます。このNーPーKは、それぞれ、チッソ、リン酸、カリウムです。チッソは葉の肥料、リン酸は実の肥料、カリウムは根の肥料と、ここまでは肥料の袋に書いている物もあります。

ただ、そもそもこの数字の意味は何?栄養のバランス?数字の単位は?気になり調べてみました。

答えはものすごく簡単でした。8ー8ー8、こちらの単位は、パーセント(%)です。20kgの肥料を買った場合に、1.6kg分のチッソ、リン酸、カリウムがそれぞれ含まれていますよっていう意味です。

ちなみに、先日買ったこちらの肥料の場合は、それぞれ2kg分となり、パッケージの説明と合致します。

農家さんによっては、袋に記載されている施肥量(せひりょう)とは別に、単位面積あたりに施す量を決めている方もいらっしゃいます。1反あたり、10kgのチッソを基準に肥料を投入するなどです。

また、植物の状況を読む力、葉の色、枝ぶり、根はり、台風などの天候、栽培する時期による温度によっても変化させているようです。

農業は奥が深い、面白い世界です。その上で、作った作物、野菜が美味しいって言ってもらえると、すごく嬉しいでしょうね。

一度、とても上手な農家さんから、小カブを貰ったことがあります。一般には流通していない小カブです。

息子たちに食べさせた所、見たこともないぐらい、パクパク食べてくれました。子供は正直です。自分の目標は、彼らがパクパク食べる野菜を作ることですかね。

かなりハードルは高そうですが、やってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です