マルチシートの穴あけ、そして、フルーピーの定植

フルーピー(小型のパプリカ)の定植を行います。まずは、前回に張ったマルチシートに穴を開けていきます。

前回の様子

これ、「マルチシート穴あけ器」って、そのままの名前です。

株間(かぶま:株と株の間)を70cmで穴を開けていきます。

ここに、育てていた苗を植えていきます。

すっかり、夕暮れです。突き刺さっているのは、近くから切り出した、アシです。市販の支柱もあるのですが、途中で折れてしまった場合、いつまでも畑に残るので、アシを切り出して利用しています。

アシなら、畑に残っても、いつかは土に帰ります。強度、支柱の太さもちょうど良いサイズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です