フルーピー(小型のパプリカ)の育苗実験2

前回、液肥をやってから、今日の苗の様子です。

何か変わったのか、わかりませんね。肉眼でも、違いは確認できませんでした。

前回の様子

前回の写真と見比べてみます。

元々の太陽光の光の強さも違うので、何とも言えませんが、特に変化があるような感じがありません。師匠が、育苗ハウスに入って来て、

「肥料がまだ、効いてないので、これを1つのポットに2~3粒、撒いて」

との事です。指示通り、IB化成を2~3粒。後、固形の肥料は効きが遅いので、もう一度、液肥をかけておくようにとの事でした。

なので、今後の実験としては、このようになります。

「IB化成+液肥(ハイポニカ)」vs「マグアンプK+液肥(ハイポニカ)」

となります。また、適当な時期に報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です