パプリカのその後

凄腕農家さんに指南頂いて、木自体はどうにか回復したような気がするものの、実を取れるまでは回復せず、そろそろ秋作の準備の事も考えて、パプリカの撤収です。

前回の様子

現在の様子

1度も完熟パプリカを収穫せずの撤収です。

不思議な事に、栽培前には、赤や黄色のパプリカがかっこよく思っていたものの、今となっては、普通のピーマンを立派に育てる方が面白そうな気がしてます。

育ててみたからこその感覚かと思います。

健康的に植物が育っているのを見る方が、気分が良いです。無理をした栽培より、気候、風土にあった作付けを心がけます。

奥の方の除草が少し残ったものの、予定通り撤収完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です