トマトの育苗方法

200穴プラグトレーで育苗していた、トマトですが、本日ポット上げを行いました。3月27日に播種(はしゅ:種まき)を行いましたので、14日間、プラグトレーで育苗し、ポリポットに移すことになります。

この後、もう少し大きくなった後は、もう1つ大きめのポットに移し替えるのだそうです。師匠曰く、いきなり、大きめのポットを使わない理由は、根っこが急に大きくなり、強い苗ができないとの事です。

全体的なトマト育苗の工程は次のようになります。

1.200穴プラグトレーにて播種

2.9cmのポリポットに移し替え(播種から、2週間後ぐらい)

3.10.5cmのポリポットに移し替え(時期不明)

3の10.5cmのポリポット後からは、1番花が咲くまで育苗し畑に定植するのだそうです。

この後の工程も、適当な時期にまたご報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です