土遊野さんへの見学ツアー4

次は、車で移動して棚田の見学です。

全部で、100枚の田んぼがあるそうです。写真に表示されているほとんどが、土遊野さんが管理している棚田だそうです。

こちらは、土遊野さん独自の土壌分析。麦を蒔いてみて、その後の育成状況を観察し、土の肥沃度を確認するのだそうです。手前から奥にかけて、緑が濃くなっているのがわかるでしょうか。手前は、土に力がない状態、奥に行くにつれて、生育がよくなり、土の力がある状態との事です。

桜も植えられたそうです。綺麗に咲いてます。

ツリーハウスもあります。森は水を作る所、森を大切に、そして学びの場にしているそうです。自分も登ってみました。

一同、戻ってランチタイムです。

玄米ご飯に、ベビーリーフ、チキンカレー。あの子たちが、いっぱい入ってます。ここは、ペットとしてではなく、家畜として飼っているおります。食事を頂く行為は、生命を頂く行為。実感させられます。ありがたく頂きました。

その他、割愛してしまいましたが、鳥をしめるところなども見学させて頂きました。いつもワイワイ、ガヤガヤの自分達なのですが、この時ばかりは、不思議と誰もしゃべりません。首の動脈を切ったときから、少しずつ鳥に力がなくなっていきます。シーンとした、不思議な空間です。

憧れと共に見学に参加。一度見てしまうと、果てしなく、遠い存在である事を痛感させられます。土遊野さんは、35年前に富山に移住し一歩ずつ歩んでこられた成果です。自分もどこかの誰かに、バトンを渡せるよう、一歩ずつ歩んで行こうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です