八ヶ岳の森へ

柳生博さんの作った森があるというので、八ヶ岳に行って来ます。

1976年から、俳優の傍で、藪を切り開き、八ヶ岳に自生している広葉樹を植林して、美しい森を作ったという本を読んで、実際に見てみたく、行って来ました。

まずは、車で長野へ。そして小さなペンションに泊まります。

なんとなく良さそうと思って、取った宿、草原屋ですが、めちゃくちゃ良い所。

このペンション、オーナーが森を切り開き、大工さんと半セルフビルドで、建てた物だそうです。

そして前には、広大な草原が広がってます。

次の日、朝から川で遊びます。

水が冷たすぎて、さすがの子供たちも全身浸かるのは無理との事。

さすが、標高1200mです。あと、この標高になると、ゴキブリもいないそうな。ちょっと不思議です。

ランチは草原屋のご主人に教えてもらった、カナディアンファームさんへ。

このカナディアンファームさん、先程の草原屋さんの師匠にあたる人だそうで、森を切り開き、セルフビルドで、家を建て。レストランをオープンしたそうです。

いい感じにカオスです。個性的すぎて、圧倒されます。中央部分には大きな石窯があり、そこで調理した料理があります。

子供たちは、ゲゲゲの鬼太郎の家。っと言いながら入っていきました。

でも、レストランです。

石窯で焼いたチキンや、10年間熟成させた生ハム、ケベックシチューなど。美味しく頂きました。

で、最後は八ヶ岳倶楽部。柳生さんの森です。

白樺が綺麗な森です。森を一巡して、看板メニューのフルーツティーを頂きます。

で、くつろいでいた所、なんかそれっぽい人がいます。

柳生博さん、本人です。写真をお願いし、快く家族一緒に写して頂き帰路につきました。

八ヶ岳倶楽部の最終目的しか決めていない旅行でしたが、何かとてんこ盛りの旅になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です