プラグトレーからの、ポット上げ!!

まずは、プラグトレーとはこんな感じの黒いやつです。ホームセンターで買いました。

ポット上げのポットとは、ポリポットの事です。こんなやつです。これもホームセンターで売ってます。ちなみに、自分の場合は師匠のお古を使わせて頂いてます。使い終わったらもちろん返しますよ。

まず、プラグトレーで育てた苗を、本葉が2~3枚ぐらいになったら、引っこ抜きます。種まきが2月9日なので、アブラナ科(キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー)で、おおよそ1か月です。

やってみるとわかるのですが、これぐらい経過しないとこのように綺麗にプラグトレーから抜けません。あと、種類によっても、ポット上げのタイミングが違うようです。試しに同じ日に蒔いた、ナス科のフルーピー(小型のパプリカ)を少し引っ張ってみたのですが、綺麗に抜けませんでした。こちらは、もう一週間ぐらい様子を見てみます。

ポリポットに市販の土(野菜の土)を、250㏄ほど入れて、水をたっぷりかけて湿らせます。水をかけてからは、しばらく時間をおいた方がやり易いです。

そこに、先ほどの苗を指で優しく入れていきます。こんな感じになります。

自分の畑に、必要な苗はキャベツ、カリフラワー、ブロッコリーが、それぞれ100株です。失敗や、発育不良を見越して20%増しの120株を、それぞれ用意しました。

よくホームセンターで、見かける形になりました。

まだまだ、弱々しい苗です。大切に育てていきたいと思います。

ちなみに、プラグトレーには種を200粒蒔きました。この中で、20~30粒ぐらいは、そもそも発芽していません。種の袋には、発芽率85%と表記されてます。おおよそ、この通りか少し高いぐらいです。

そして、10~20株ぐらいは発芽はしたものの、発育不良です。たぶん、自分の水のやり方にも問題があります。一部は萎れていました。

っで、残りのおおよそ30株はどうしたか?

畑に、捨てました。今まで、育ててただけに、複雑な気持ちです。キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの各3品種で30株ずつ、合計で100株の破棄です。

師匠からは苗として売る方法もあるよ。と教えて頂います。2回目に蒔いた苗については、試しに直売所で販売してみます。あと、リアルな数字(原価)も記載しておきます。

ポリポット 5円

種 3.7円

土 250ccあたり 4.7円

上記、おおよその1株あたりの原価です。合計で13.4円になりました。100株の苗を直売所に出してみて、どれぐらい購入されるのでしょうか?

農業で食べていくとなると、このようなシビアな数字も必要となります。今はまだ、経営シュミレーションとしてですが、こちらの結果も、出次第ブログにて報告します。

キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの種まき

キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーの種まきです。プロは、種まきの事を、播種(はしゅ)っていいます。農業用語は特殊なものが多いですね。

手順を知っているだけに、スムーズにできた気がします。

キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーは2回に分けて蒔きました。理由は、収穫時期を2回に分けるためです。播種のタイミングを15日間ずらしました。収穫時にはどれぐらい離れてくれるでしょうか?10日ほど離れてくれると助かるのですが・・・

師匠曰く、暖かくなっていくに従って、成長スピードが速くなるので、1週間ほどになるのではないか?っとの事です。

この状態で、たっぷり潅水(水やり)して、新聞紙をかけて終了です。

この後、2日ぐらいで発芽するはずです。

農家さん曰く、「芽が切れる」です。

鍬(くわ)の練習

前回のトラクターを使った、畝立て(うねたて)、次は鍬を使って綺麗に調整してとのこと。

まずは、師匠からのお手本です。腰と膝、それと鍬のエッジを使って畝を綺麗にしていきなさいとの事です。

畝の調整前の状態です。谷の部分(へこんでいる所)を鍬ですくい上げて、畝の上に土を盛っていきます。その折、畝の天板部分が平らになるようにしていきます。

自分では、マネをして鍬を振っているのですが、不思議そうにみんなが見ていきます。中には、

鍬の持ち手は、もう少し手前

肘を上手に使って、腹で抑えて

など、色々な人が畑に入って教えてくれます。

よっぽど、変な体制で鍬をふっているのでしょう。普通は往復で次の谷にいくのですが、自分の場合は、谷が狭くなったりして、2~3往復はしました。

どうにか、1筋だけは綺麗になりましたが、まだまだ、残ってます・・・

非常に疲れますが、畑の中で鍬を振るのって、自分にはすがい憧れです。完全なステレオタイプ的なイメージですが、すごく農家っぽい気がします。

師匠も、

「適当なところで、終わりよ。」とのこと。

疲れるけど、楽しいんです。ヘロヘロになりましたが充実した1日でした。

畝立て、そして、ついに登場!!

畝立て本番がやってきました。なんとなく、ドキドキ。でも、パートさんが今日は急遽休んでしまったらしく、師匠の直売所(大沢ファーマーズマーケット)は10人ほどの列ができてます。

師匠からは、消石灰できれいにラインを引いておいてとの事、消石灰は園芸用の物を、購入済みです。

非常に慌ただしくしており、今日の畝立てはまた今度か・・・。準備だけでも、やっとこ。とう感じで、自分の畑に入ります。

こちら、畝のラインを引くための装備。

畑の両サイドに、竹の棒を1.4m間隔で刺していき、その両サイドを紐で括っていきます。そうすると、畑の中に直線がでます。目ではわからないのですが、自分の畑は少し台形の形をしていました。

この、紐を渡した所に、2mおきに消石灰を置いていきす。たぶん、こんな感じで良いはず・・・

「ガラガラ、ごっ、ごっ、ごっ。」

なんか、大きな音が後ろから。振り返ると、師匠がトラクターに乗って登場。え、どこから来たの。基本、農家さん神出鬼没です。

師匠からは、「紐をのけて!」っとの事。急ぎ、片付けます。紐が絡まらないように、グルグルしたり、竹を引き抜いたり。

全部、片付けた時には、もうすでに8本の畝立てが完了。

2時間ほどだったと思うのですが、なんか、あっという間の出来事でした。内心、バックホー、オートキャリーの運転をさせてもらった経緯があったので、トラクターの運転もさせてもらえるかも、っという期待があったのですが、そんな簡単には、触らせてもらえませんね。

師匠はトラクターからは降りて、笑顔で一言。

「綺麗にすると、ひろー見えるやろ。」とのこと。

いやホント、ひろー見えます。

オートキャリーの運転練習と、堆肥の投入

明日、トラクターで畝立てを行うので、最後の堆肥投入です。全部で、1.8tの堆肥を500㎡の畑に投入します。

手前の機械が、オートキャリーと言います。ここに堆肥を積んで、自分の畑まで運んでいきます。初めての機械は、いつも怖さが付きまといます。

師匠からは慣れれば大丈夫、って言われます。

まずは、バックホーでオートキャリーに堆肥を積んでいきます。以前、何回か山を摘んだりして、バックホーの練習はしましたが、前に障害物があると、思い切った操作がしにくいです。

少し時間がかかりましたが、何とか積んで畑にばらまいてきました。ほんの10分ほどです。一輪車の5杯分。やっぱり、機械を使うと圧倒的に早いです。

一輪車(1杯 30kgほど)でも、30杯ほど堆肥を運んだので、機械を使った場合の違いが良くわかりました。

フルーピー(小型のパプリカ)のようす

フルーピーの種まきから、やっと発芽が揃ってきました。

種まきから、約2週間です。フルーピーはナス科ですが、ナス科の発芽はそれなりに時間がかかるのでしょうね。

一本だけ、明らかに違う芽があったのでそれを手で摘んでおきました。今日は、かなり軽めの農作業です。

近くの農家さんを見学・・・

自分の畑もそこそこに、近くの農家さんを訪問して何を栽培されているか見学してきました。もとは、師匠から紹介していただいた農家さんです。

レタスです。触ってみてわかりますが、かなりおいしそうなレタスです。無農薬ですが、虫に食べられた跡は見当たりません。

かなり高齢の農家さんなのですが、

「農薬は難しくて、わからん。」

との事です。有機栽培の本などに出てきますが、土のバランスをとると、本来植物が持っている、抵抗力が強まり、病気や食害(虫による)などに強くなるそうです。それを目の前で見せられると、やっぱり関心させられます。

こちらはコマツナです。

うすい緑です。本来の野菜は、うすい緑なのが健康な野菜なのだそうです。こちらも、虫に食べられた跡など、見当たりません。

土作りなど、いろいろと質問しました。基本、牛ふん堆肥を使っているそうです。それから、畝(うね)の上に5cm~10cmほど、もみ殻を敷いて燃やすのだそうです。そうすることによって、雑草のタネが熱で、ダメになり、雑草の抑制効果と土のミネラル分の補給になるそです。

ただし、この方法、自分の畑で実践することができません。理由は、すぐとなりに道路があります。もみ殻を燃やして、煙を発生させることができないんです。少し、残念です。

その他にも、このほか、自然薯、キュウイ、ゴボウ、フキなど、いろいろと育てています。フキは、この付近に、自生していたものを、育てているそうです。完全に自生種ですね、各地域にこのような宝物があります。次の世代に受け継ぐべく、フキの苗を頂く約束をしてきました。

名もなきフキ、栽培するのが、楽しみです。

イチジクの樹勢コントロール?剪定

まず、樹勢(じゅせい)と読みます。自分も少し前まで、こんな言葉は聞いた事もありませんでした。木の勢い、成長しようというスピードの事です。

成長が良い時は、樹勢が強い、成長が弱い時には、樹勢が弱いと表現します。

今日はイチジクの剪定をしたのですが、この樹勢をコントロールするためにやるそうです。

まずは、ハウスのなかのイチジクです。

50mのハウスです。

神戸市北区大沢町(おおぞう)では例年の最低気温が例年-8℃を下回ります。そのため、-3℃を下回るとハウス内の暖房がかかるように加温して育成してます。イチジクは、-6℃以下になるとどうしても、木が弱ってしまうそうです。

それから、小さなコンテナにそれぞれのイチジクが植えられています。これを、根域栽培といいます。根の張る範囲を強制的に抑制しての栽培です。

根域栽培のメリット、デメリットについてですが、根の張る範囲を抑制しているので、肥料がききやすいなどのメリットはありますが、夏場の水分量など、特にシビアなコントロールを求められるそうです。

ちなみに、こちらの農園では、池からの農業用水とは別に、40tの非常用タンクが地中に装備されているそうです。

夏場は、枯れるギリギリまで水分を与えないので、1日でも水を切らしてしまうと全滅など、大惨事が待っているそうです。

何はともあれ、剪定です。

剪定前

剪定後

紐を使って、枝を水平になるようにコントロールしてます。水平にする時には、折れないように、のこぎりで少しだけ切り込みを入れていきます。

2箇所ほど、切り込みがあるのがわかるでしょうか?

あとなぜ、枝を水平にするのか?

なのですが、枝が高い位置にあるほど、樹勢が強くなり、大きな枝と、そうでないものとで、バラバラになってしまうそうです。左右、3つの節があり、それぞれから、枝がでて来ます。これらの樹勢を整えて、安定的に収穫できるよに調整しています。

自分も、イチジクが特別好きというわけではないですが、やはり自分で世話をすると、1度は食べてみたくなりますね。

機械の操作練習って、そんな事もやらしてくれるの?

今日は、バックホーの操作練習です。ちなみに、バックホーとはこんな機械です。

バックホー、ユンボなどと言います。最近は、なぜだかバックホーという言い方が、農業関係の間では一般的な言い方です。工事現場では、ユンボが一般的なような気がします。

ちなみに、写真の状態で機械を停止させていると、師匠から注意を受けました。

「機械を止めるときは、シャベル部分は降ろしておくようにとの事です。」

理由としては、シャベルが何かの拍子に下がった場合、危ないからとの事です。次の3つがバックホーを運転する時の注意点です。

・回転範囲に人が入りそうなときは、必ずエンジンを止める

・停止する時は、バケット(シャベル部分)は必ず下げる

・乗り降りする時は、エンジンを切る

最後の乗り降りする時についてですが、以前、師匠が上着をレバー部分に引っ掛けて危ない思いをしたそうです。気をつけます。

ちなみに、練習は目の前の砂を、右に、左に山を作って練習しなさいとの事です。右に3回、左に3回山を作りました。3時間ほどの運転練習です。

普段の生活では、絶対に触ることのない機械なので、楽しかったです。ただし、やばり怖さは感じます。

ある程度、営利目的で農業をするならば、重機の操作は必要との事です。必ず役にたつから、操作方法を覚えておきなさいとの事でした。お陰で、バックホーの運転には少しは自身がつきました。ありがとうございました。

少し遅れてフルーピー(小型のパプリカ)の発芽

少し、遅れてフルーピーの発芽です。種まきから、7日で発芽です。

アブラナ科系のキャベツなどとは、発芽の状況が全然違います。これだけ、密集させて600個の種をまいているので、違いがはっきりとわかります。

フルーピー、パプリカ、ピーマンなどはナス科の植物です。これらは、発芽が遅いのと、不揃いになるそうです。ふーん?

ちなみに、先日発芽した、キャベツなどは順調に少し大きくなってました。

順調に大きくなってください。

師匠から言われたことはきっちりの守って、栽培していければと思います。