光合成細菌ってこんなだっけ?

液肥として、光合成細菌を利用してます。

1年半ほどは、注ぎ足しして培養していたのですが、放ったらかしにしていたら、いつの間にか菌お亡くなりに。

仕方がないので、一から培養しているのですが、今なぜか真っ黒になってます。

うーん、完全に赤くなる前はこんなになったかどうか・・・、覚えてません。

もう少しだけ、放ったらかしておきますか。

マルチの撤去

去年のマルチが草と絡まってます。今年の準備の為にも片付けます。

コツは・・・

特にありません。マルチの切れ端が残らないように剥がして行くだけです。

で、完成。

後は堆肥を投入して、少し耕運していくだけです。

サトイモの保存

去年、保存していたサトイモを掘り返してみます。

ちなみに、発泡スチロールに入れての保管は全然だめです。カビが生えてしまいました。

このマルチの下にサトイモがあるはずです。マルチを剥がして、まずは1つ目。

あれっ、何もない・・・で、次。

それっぽい物が出てきました。

大きい物だけを選んで、自家消費用に収穫。

この地域では、土に埋めてマルチを貼る方法が手間もかからず、正解のようです。

マルチの撤収

今年の作付け用に、マルチの撤去です。

ただ、片付けてるだけでも色々と思う事があります。

マルチの裾を、こうしたら片付けやすいかな?

畝(うね)をこうしたら、水はけが良くなるかな?など

今年も、色々と試していきます。

心配していたブロッコリーも!

心配していたブロッコリーも、なんて事はない!

ロマネスコでした。植えたのを忘れてました。

何となく、株の様子が違うので不思議に思っていたんです。

ロマネスコは、カリフラワーとブロッコリーの中間的な野菜で、高級食材です。

もう少し大きくなりそうですが、いっきに出荷すると売れ残ってしまうので、少しずつ出荷していくことにします。

大きそうなのを取って、出荷!

お試しの販売なので、今日は2つだけ。

ま、売れるでしょう。

ここ最近の仕事

ここ最近の仕事は、春に向けての片付けです。

この、100本に満たない、トマトの株で150キロ以上のミニトマトを収穫。

自然の恵みに感謝です。

だいぶ、絡まっているように見えますが、完全に乾燥してるので、ちょこちょこ引っ張って株を剥がしていきます。

細かい結束は、光分解テープや、麻紐を利用してるので、そのまま畑に、ぽい、ぽいしていきます。

誘引用の、ネットを剥がすと、支柱が一方方向に傾いてますね。今年はなんとか持ち堪えましたが、台風の影響です。

2時間ほどで、はい終了。

だいぶ、さっぱりしました。で、お次は?

同じ物が、まだ半分残っているので、引き続き片付けです。

来年は、何植えようかな?

キャベツで、失敗!教科書レベルの病気

やっちゃいました。野菜の育て方など、教科書で見るレベルの病気発生です。

軟腐病で、間違いないかと思います。低温期には発生しないものとばかり、高を括ってました。

大丈夫に見えるこんな株も、

一皮むけば、

完全にやられちゃってます。

防除方法としては、薬剤散布が一般的なようですが、これをするのも結構しんどいんですよね。

自分の反省点としては、植え付け時期。

8月に播種したのですが、地域的には、少し遅かったようです。暖かい時期に、充分に育たず、弱い株に成長してしまったようです。

それから、となりの畝(うね)もトラクターのかけ方が悪く、谷間の高さが低くなり、水はけが悪くなってしまってました。

この2点が、たぶん改善点です。

次の作付けに、これらの経験を生かして栽培してきます。安定して生産するには、まだまだ道のりは長そうです。

ブロッコリーで最後

去年、植え付けを行った品目で、ブロッコリーが最後になるのですが、なんだか様子がおかしいです。

いっこうに、頂花蕾(ちょうからい)、つまり実ができません。

同じ品目でも、植える時期が違うとこうも違うものかと不安になります。

ちなみに、1週間ほど前に苗を植えたものはすでに収穫を終えてこんな感じになってるんですけどね。

収穫出来ればラッキーぐらいで見守るしかないですね。